お化粧をしない化粧品販売会社の女社長ブログ

menu

こんにちはニッポン~お化粧をしない化粧品販売会社の女社長のブログ~

CATEGORY子育て

NHK日本人のお名前

NHKの日本人のお名前という番組で「岡柳」が取り上げられ、うちの長女・澪が出演させて頂きました。岡と柳という平凡な組み合わせにも関わらず、「岡柳」という名前はとても珍しく、日本には2,3家族しかいない、と言われていて、聞くとあとからジワジ…

この世は愛にあふれていると思う3つのエピソード

販売していて何が楽しいかって、皆様と会えること。アトピーのお孫さんの為に、とか、肌荒れしているご両親の為に、とか、花粉症のひどいご友人の為に、と熱心に選んでいる方を見ると自然とうれしくなります。人が人を思いやる気持ちは、当事者だけでなく、…

アマビエさま

江戸時代に海から現れて疫病の流行を予言しその際は自分の姿を描いた絵を人々に見せるよう告げたと伝えられる 妖怪アマビエさま2歳のそれはそれはかわいい娘さんを持つお客様が疫病退散を願いみんなが無事にいられますように少しでも早く子供達が、…

生命力の引き上げ

今日はWHOがコロナウィルス感染状況をパンデミックといえると会見したり、株や為替が大変動するなど忙しくなっておりますが、皆様いかがお過ごしですか? 色々考えてみても、他のインフルエンザ等と比べてみても、必要以上に怖がることはないと思…

子供が親を越えるのは当たり前

自分の全てをかけて子育てをしていれば子供が親を越えるのは当たり前。親は自分の体験から得る知恵のすべてを子供に伝授していくのですから、子供は最初から膨大な時が集約された実践的で現実的な例を見ているのと一緒。その例がいい見本でも悪い見本でも、そ…

文化は国のアイデンティティー

子供達がバリ島のインターナショナルスクールの小学校に通っていた頃のことです。クラス全員が違う国籍というクラスがあるくらい国際色豊かな学校で、1年に1回それぞれ出身国の文化を紹介する「カルチャーデイ」がありました。日本の文化と言えば、着物、寿…

誰かが頑張っているということ

バリ島にあるシューティングスターズという和を表現するダンスチームの総指揮をしています。今年は日本インドネシア国交樹立60周年のバリ島における日本インドネシア親善大使として活躍するなど、お陰さまでたくさんの方々に支えていただけるチームに成長し…

高校生になったらバイトすべし

オーストラリアでは高校生の年齢にもなってバイトをしていない子は「どーーした?!」と驚かれるらしい。うちの長女がバリ島のインターナショナルスクールに通っていた時のオーストラリア人の友人が里帰り時にバカにされたと嘆いていたそう。オーストラリアで…

次世代への思い 囲まれるモノは愛のカタチで

あまりにも大量生産されているものに囲まれて過ごしていると情緒が育ちにくいのではないか、と感じることがあります。囲まれているモノに心が宿っていないと、心に触れる機会がそれだけ少なくなるので当たり前といったら当たり前なのかもしれません。 バリ…

人生短し 精進せよ 己   ~己が 己のために記す 己の哲学~

大震災が起こるまで3年ほど短文を書いていました。自分の為に、自分を律するために書いていた文なのですが、時々読み返しています。インティバリの「人生短し精進せよ己 」。とても大切なので触れず、結果、ずっと放っておいてしまったけど未だに毎日アクセ…

さらに記事を表示する

purofi-ru

お化粧をしない化粧品販売会社の女社長
岡柳 慶

アメリカで環境問題を学び、ジャカルタ在住6年を経て2000年バリ島に移住。二十数年の海外生活を終え2016年に群馬県みどり市にて起業。バリ島で設立した環境に優しい天然素材で作った化粧品ブランド・インティバリを日本でも広めたく、化粧品輸入販売会社PRIORITASを設立。