お化粧をしない化粧品販売会社の女社長ブログ

menu

こんにちはニッポン~お化粧をしない化粧品販売会社の女社長のブログ~

スーパーにいったらまずチェックしてほしいところ

日本では7000万人が1年間食べる量に値するといわれてれている1900万トンの食品廃棄物が毎年でているそうです。金額にすると111兆円とか。そのうち、まだ食べられるのに捨てられてしまう食品ロスは500万トンから900万トン、、、民間の調査ではもっとあるというのですから、もったいない、としかいいようがありません。

スーパーに入ると「見切り品コーナー」があるのご存じですか?消費期限が短いものを集めて割引して売っているコーナーなのですが、私はそこから見ます。私が買ってその日にそれを食べれば「食べ物」になりますが、誰も買わずに捨てられれば「ゴミ」になる。しかも日本が排出する食品廃棄物量は世界トップクラスとなると、見切り品から買わないとダメでしょ、となるわけです。

世界には食べ物に困っている人はたくさんいます。私は小さい時から発展途上国に住んでいたため、ガリガリにやせて物乞いする子供たちの顔を見てきました。そういう環境の中で、「食べ物を粗末にしてはいけない」と親に言われて育っている為、お腹がいっぱいでも残すことができないどころか、目の前の見切り品を全部買って食べなきゃ!と思うくらいです、、、

是非たくさんの人が「見切り品」を救ってくれたらいいなと思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

 

お化粧をしない化粧品販売会社の女社長
岡柳 慶

アメリカで環境問題を学び、ジャカルタ在住6年を経て2000年バリ島に移住。二十数年の海外生活を終え2016年に群馬県みどり市にて起業。バリ島で設立した環境に優しい天然素材で作った化粧品ブランド・インティバリを日本でも広めたく、化粧品輸入販売会社PRIORITASを設立。