お化粧をしない化粧品販売会社の女社長ブログ

menu

こんにちはニッポン~お化粧をしない化粧品販売会社の女社長のブログ~

羽生選手の凄さ 秘話

先日の羽生選手のフリーの演技をみてゾクゾクしました。世界初の快挙を成功させる技術力、精神力のほか、壮大なテーマを演じきる表現力とそれに負けない存在感。羽生選手が登場するだけで空気が変わる。凛と澄んだ空気になるのが画面を通してもわかる凄さ。

実は私がセイバーワン社長から聞いていた羽生選手秘話があります。

仙台出身の羽生選手が東日本大震災の時に行った献身的な被災地普及活動に心を打たれ、セイバーワン社長が自社の純正チタンバングルを送ったそうです。長い手紙をつけて。

遡ると、セイバーワン社長が墜落した飛行機事故の捜索活動の話を聞いたところから始まります。本当になんの形も残っていない、身元確認のしようのない現場の言葉で表せない惨状。身元確認のために呼び出された町の歯医者さんがその現場を見たとたんに意識を失い、そのまま帰らぬ人になったという話。捜索隊の思い。家族の思い。そういう話を聞くうちに、海水でも錆びない、融点1600度という半永久的に使えるチタンに名前と連絡先を彫り、身につけておけば身元確認の助けになるのではないかと思い付いたそう。残された家族や捜索隊の心の負担を軽減できると信じて。

そういう思いを手紙にして羽生選手に送ってから数ヵ月後。羽生選手のファンから写真つきで「これはセイバーワンのチタンバングルですか?」とのお問い合わせがあったそう。その写真には羽生選手が確かにセイバーワンチタンバングルをつけています。

羽生選手の公式スポンサーに同じチタンアクセサリーメーカーがあるのにも関わらず、セイバーワンのチタンバングルを公の場でつけてくれたのは奇跡だと思っています。しかも半年間も。

羽生選手に送られてくるプレゼントはトラック何台分もあるそうなのです。その中でスポンサーでないセイバーワンのチタンバングルをつけてくれたのは羽生選手の男気だと私は感じました。

現在、郵便局で販売されている羽生選手メモリアルポストカードのポスターをご存知ですか?あのポスターの1番左の羽生選手が身に付けているのがセイバーワンのチタンバングルです。

善意で動いている人同士の繋がりを感じます。詰まるところ、羽生選手の凄さは人間性だと思っています。

●セイバーワンチタンバングルはみどり市ブランド。群馬県みどり市のふるさと納税返礼品です。
ふるさとチョイスのページはこちら

The following two tabs change content below.
アメリカで環境問題を学び、ジャカルタ在住6年を経て2000年バリ島に移住。二十数年の海外生活を終え2016年に群馬県みどり市にて起業。バリ島で設立した環境に優しい天然素材で作った化粧品ブランド・インティバリを日本でも広めたく、化粧品輸入販売会社PRIORITASを設立。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

長女がTwitter始めました

ジャカルタ生まれのバリ島育ちで慶應SFCに在学中の長女がTwitterを始めました【こちら

プロフィール

お化粧をしない化粧品販売会社の女社長
岡柳 慶

アメリカで環境問題を学び、ジャカルタ在住6年を経て2000年バリ島に移住。二十数年の海外生活を終え2016年に群馬県みどり市にて起業。バリ島で設立した環境に優しい天然素材で作った化粧品ブランド・インティバリを日本でも広めたく、化粧品輸入販売会社PRIORITASを設立。