お化粧をしない化粧品販売会社の女社長ブログ

menu

こんにちはニッポン~お化粧をしない化粧品販売会社の女社長のブログ~

超敏感肌ってどういう人?

超敏感肌ってどれくらいの方からいうか、というラインって明確ではないですよね。

私のお客様には超敏感肌といえる方がいます。例えば、合成のシャンプーを素手で洗うことができずに、ゴム手袋を使って自分や子供の髪の毛を洗っていた方、美容室にいって髪をきってもらいスタイリング剤をつけて帰ってくるとしばらくして前髪があたるおでこだけが真っ赤になる方、病院の薬も市販の薬も化粧品も色々試してもだめでお風呂の塩素でもやられてしまう方、カラー剤が1滴飛んで肌についてしまっただけで全身にかゆみが現れる方、アトピーがひどく週に3回は塩風呂の半身浴を3時間しないと日常生活が送れない方、、、

こういう方たちは何がいいか肌でわかります。

ちなみにうちの主人も超敏感肌です。お風呂のお水で足の裏の皮がボロボロになります。主人は生まれたときから湿疹がひどく、耳の中まで真っ赤だったとか、お医者様から「体温が上がると症状がひどくなるからこの子は泣かせるな」といわれていたそうで、妹さんがやきもちやくほど親御さんにお世話されていたとか。それでも小学1年生の時には喘息がひどく親と別れて学校つきの保養所に入っていたそうです。インティバリ創立者としてふさわしいですね。完全に人体実験がされたものしかインティバリとして世にでてきていないのがわかります。今はインティバリの石けんやクリームなどを多用しているため、主人も髭剃り負けや肌トラブルがなくなってはいますが、ものすごい埃アレルギーだったり気管支はまだ弱かったり、、その体質はうちの子供たちにも受け継がれました。

敏感肌や超敏感肌は悪くないです。何がよくないかはっきり身をもってわかるのですから自己管理能力や防衛力を強化するきっかけになります。長女を突然襲った肌トラブル解消のために始めたインティバリも、長女が超敏感肌だったおかげで誕生することができました。

これからも自分や家族、大切な人たちを守るためにインティバリ、プリムは生命力を上げる、自然治癒力をあげるモノつくりを真剣にしていくと思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

 

 

お化粧をしない化粧品販売会社の女社長
岡柳 慶

アメリカで環境問題を学び、ジャカルタ在住6年を経て2000年バリ島に移住。二十数年の海外生活を終え2016年に群馬県みどり市にて起業。バリ島で設立した環境に優しい天然素材で作った化粧品ブランド・インティバリを日本でも広めたく、化粧品輸入販売会社PRIORITASを設立。

おすすめ記事

  1. 起業から1年半を迎えて

カテゴリー