お化粧をしない化粧品販売会社の女社長ブログ

menu

こんにちはニッポン~お化粧をしない化粧品販売会社の女社長のブログ~

洗礼された高貴な香りインティバリローズウォーターの特徴

インティバリローズウォーターが日本で販売されました。今年の花粉症の時期にプレ販売を始めたのですが、これはすごい!手放せない!広めるべき商品だ!とお客様から賞賛のお声をたくさんいただきました。何年越しのおできが、湿疹がなくなった、定期的になっていたものもらいに、膀胱炎にならなくなった(複数回答)等々。おかげ様で、自信満々での登場となります。

インティバリのローズウォーターは通常の化粧水としてキメ、ハリ、トーンを整えます。ブルガリア産ダルマスクローズの高貴な香りは一級品と言われていますが、その中でも、比べれば明らかに違う洗礼されたインティバリローズウォーターの香りは大きな魅力です。しかしながら、人気の理由はそれだけではありません。その高い抗菌性により驚きの多機能性が一家に一本の必需品と言われる所以です。

私がインティバリローズウォーターなしではいられないと思うのが「疲れ目対策」。バリ島では携帯さえ持たなかったのですが日本では全く得意でない携帯とPCの毎日。目の疲れ、肩こり、頭痛、、バリ島にいたときと比べて半分位しか開いていない気がするほど目が重い日も。乾燥から目がかゆくなり瞼に傷ができるほどこすってしまうことも。そういう時にローズウォーターです。ローズウォーターをつけるだけでぼやけた視界もキレイになり気分もすっきりします。傷があるところにつけると痛いのですが10秒ほど数える間に痛みは消え、問題も解消。そして2回目につけるときにはもう肌が整っているので痛くないのが通常。今はインティバリローズウォーターなしでは仕事の半分もできない、と思うほど。目薬要らずです。まさに救世主!

皆さんにもインティバリローズウォーターで色々お試しいただき、これがああなった体験を教えていただけたらと思います。

▶今すぐチェック!インティバリローズウォーター

▶これにはびっくり!驚きのインティバリロースウォーターの使い方はこちら

▶なるほど解説!多機能インティバリローズウォーターの利用法

The following two tabs change content below.
アメリカで環境問題を学び、ジャカルタ在住6年を経て2000年バリ島に移住。二十数年の海外生活を終え2016年に群馬県みどり市にて起業。バリ島で設立した環境に優しい天然素材で作った化粧品ブランド・インティバリを日本でも広めたく、化粧品輸入販売会社PRIORITASを設立。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

長女がTwitter始めました

ジャカルタ生まれのバリ島育ちで慶應SFCに在学中の長女がTwitterを始めました【こちら

プロフィール

お化粧をしない化粧品販売会社の女社長
岡柳 慶

アメリカで環境問題を学び、ジャカルタ在住6年を経て2000年バリ島に移住。二十数年の海外生活を終え2016年に群馬県みどり市にて起業。バリ島で設立した環境に優しい天然素材で作った化粧品ブランド・インティバリを日本でも広めたく、化粧品輸入販売会社PRIORITASを設立。