Loading

ミツばちが絶滅するとフルーツや野菜が採れなくなる恐れがあるそうです。

ミツばちは花のミツを集めるだけでなく、果実を実らせるための受粉の役目も担っています。2011年、国連環境計画(UNEP)が「世界の食料の9割を占める100種類の作物種のうち7割はハチが受粉を媒介している」と報告していますが、

そのミツばちが世界中で姿を消してるとのこと。色々な要因が複合的に影響していると言われていますが主な原因とされるのが農薬。ヨーロッパ諸国では既に使用禁止が進んでいる農薬ですが、化学的にその有害性が証明されていない為、未だに使用されている国も多く逆に規制緩和が進んでいたりするそう。フルーツや野菜を育てるための農薬がミツばちを殺し、フルーツや野菜が採れなくなっては本末転倒ですが、疑わしきは罰せずの原則がここでも影響しているのでしょうか。

環境破壊が及ぼす被害の一例がこんなところにもあるのですね。

関連記事

  1. ミツバチの社会

    2016.08.1

    ミツバチの社会

    役割分担が徹底されているミツバチの社会ミツバチの社会は、一匹の女王蜂と沢山の働き蜂そして少数…

    ミツバチの社会
  2. ハチの巣はなぜ六角形なのか?

    2016.08.2

    ハチの巣はなぜ六角形なのか?

    六角形の平面充填は柔軟性があって衝撃にも強い面を隙間なく敷き詰めることを平面充填(へいめんじ…

    ハチの巣はなぜ六角形なのか?
  3. ハチミツの効能

    2016.11.5

    ハチミツの効能

    ハチミツには色々な効能があることで知られています。優れた保水力でお肌が潤いプルプル、老化…

    ハチミツの効能

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP