Loading
役割分担が徹底されているミツバチの社会

ミツバチの社会は、一匹の女王蜂と沢山の働き蜂そして少数の雄蜂で構成されており、人間社会以上に役割分担が徹底されていることで知られています。

女王蜂となるハチは他とは違う部屋で育てられ、他の働き蜂の幼虫が花粉やハチミツで育てられるのに対し、女王蜂になる幼虫はローヤルゼリーで育てられるので、その形態も働き蜂とは異なり大きく育ち寿命も長く、一日に1000個以上の卵を産むことができるようになります。嬢王蜂だけが食するローヤルゼリーの主成分はタンパク質、脂質、糖質の他、アミノ酸、各種ビタミン、ミネラル、それから抵抗力を強化するアセチルコなども含まれており、子を産む嬢王蜂のために花粉などを食する働き蜂が自らの体内で分泌する養分です。

このようにミツハチの社会では子を産み育てるために、それぞれがそれぞれの役割を担っているのですね。全ては種を絶滅させないための自然の摂理。子供を育てている蜂の巣が脅かされると怒る(刺す)のも本能なのでしょう。

関連記事

  1. 2017.06.11

    ザ・ジャパン~群馬県~

    バリ島で生まれ育った子供たちにとって東京や横浜はシンガポールと同じ。この群馬県の風景を見て「…

    ザ・ジャパン~群馬県~
  2. ハチの巣はなぜ六角形なのか?

    2016.08.2

    ハチの巣はなぜ六角形なのか?

    六角形の平面充填は柔軟性があって衝撃にも強い面を隙間なく敷き詰めることを平面充填(へいめんじ…

    ハチの巣はなぜ六角形なのか?
  3. ハチが絶滅したらどうなる?

    2016.08.5

    ハチが絶滅したらどうなる?

    ミツばちが絶滅するとフルーツや野菜が採れなくなる恐れがあるそうです。ミツばちは花のミツを集めるだ…

    ハチが絶滅したらどうなる?
  4. 群馬県ドッチボール協会主催のドッチボール大会が開催

    2017.07.9

    群馬県ドッチボール協会主催のドッチボール大会が開催

    2017年7月8日(土曜日)ぐんまアリーナにて群馬県ドッチボール協会主催…

    群馬県ドッチボール協会主催のドッチボール大会が開催
  5. 群馬県みどり市へふるさと納税

    2017.07.7

    群馬県みどり市へふるさと納税

    群馬県みどり市への「ふるさと納税」のお礼の品に、プリムのハチミツ石けんセットもラインナップし…

    群馬県みどり市へふるさと納税
  6. ハチミツの効能

    2016.11.5

    ハチミツの効能

    ハチミツには色々な効能があることで知られています。優れた保水力でお肌が潤いプルプル、老化…

    ハチミツの効能

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP